ロープレスキュー

ドローンレスキューⓇの危険性!

最近、ドローンレスキューⓇの依頼が多々あります。

多くの依頼は、ドローンを紛失したという依頼です。

ドローンは一瞬の不注意で落下します。

ですから、本来は、ドローンが落ちても問題のないところで飛ばすのが筋です。

そもそも、国内で自由にドローンを飛ばせる場所などあるはずもなく、許可なく飛ばせるのは、自分自信で保有している、他の方などが一切映り込まない広大な敷地内だけです。

自分の土地でなければ、必ず所有者がおりますし、自分の土地が狭ければ他の方などが映り込みます。

基本的に、自分の土地以外を飛行させる場合は許可が必要ですし、他の方などが映り込む場合も許可が必要です。

国定公園などは、土地の所有者が何人もいらっしゃる場合があり、それら全ての土地の所有者の方に許可を得るなど、不可能に近いです。

よって、ドローンを飛ばすことができるのは、許可を得た体育館やドローン専用の屋内飛行場、そしてドローンを公認しているスキー場などの施設だけとなります。

万が一、他人の土地や、国立公園内などに墜落させ、機体を放置すれば産業廃棄物の不法投棄となり罰せられます。

ドローンには、個別の番号があり国交省に登録していますので、所有者は直ぐに分かります。

更に、ドローンにはバッテリーが積んでありますので、ドローンを水源に落とせば水源が汚染され、水源でなくとも土を汚染します。

上記から、法律を100%守ろうと思えば、許可を得た施設以外でドローンを飛ばすことは不可能に近いです。

話しがずれたので戻ります。

まず、ドローンレスキューはとても危険な仕事だということを理解して頂きたいと思います。

空を飛んでいたものが落ちて、落ちた場所が分からず、それを確保しに行くわけですから。。。。

ドローンの確保を他人に頼むということは、自分では確保に行けない場所であるわけで、危険を伴う場所であることは明白です。

他人の土地であれば、そこへ入るのに許可も必要ですし、最近は熊も多いですし、毒虫も沢山います。

時期にもよりますが、今時分であれば、猟師さん達が鉄砲で猟をしていますし、罠も仕掛けてあります。

更に、墜落地点がGPSで特定できていれば、まだ探しようもありますが、墜落場所を特定できていなければ(GPS情報が残っていなければ)人海戦術で探すほかはありません。

例え、GPSで落下地点が特定できたとしても、そこへ行く道などがあるはずもなく、グズグズの山の中を、ヤマビルに吸い付かれながら、藪漕ぎをしたり、木の根に捕まって這って進んで行くわけです。

そして、樹上にあれば、樹木にスローラインを掛け、ロープに切り替え、ロープを登り、届かなければ木を揺らし、ドローンを回収します。

人員も、万が一のセルフレスキューを考え、最低2名以上で行動します。

もし、これをお読みの方が、ドローンレスキューを依頼されたら、いくら位で請け負うか、考えてみて下さい。

会社から500㎞以上離れた地域で、緯度も経度もわからず、地図を見せられ、山の中のあそこらへんに落ちていると思う、との依頼があった場合、どのくらいの費用で回収を請け負いますか?

ドローンを飛ばしている皆様、ドローンの回収にはかなりの費用が掛かります。

高額な保険に入っていなければ、ドローンの回収費用全てを賄うことはできません。

くれぐれもドローンを落とさないように最新の注意を払って下さい。

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!

ロープカット レスキュー訓練(20名参加)

小倉です。

先日、協力業者の職人さん達20人に集まって頂き、ロープカットレスキュー訓練を行いました。

切ったロープの合計は100m、全てゴミとなりました…

今回行ったレスキュー方法は三つ。

一つは、要救助者を自分のシステムに移し、要救助者のロープをカットする方法。

この方法では、要救助者と救助者が一緒に下降します。

二つ目は、要救助者のメインロープに別に組んだシステムのロープを接続し、要救助者のロープをカットする方法。

この方法は、要救助者のみを下降させます。

三つ目は、人力で要救助車を引き上げる方法。

この方法は、救助者の自重を利用して要救助者を引き上げます。(カウンター)

それと、大切なのは、必ず仕事で使うナイフとは別の、ロープをカットするためだけのナイフを携行することです。

 

一つ目の方法は写真のように要救助者のメインロープをカットします。

要救助者まで下りたら、状態を確認しカラビナチェーンを使って2点確保、この時、ディッセンダーのカラビナの向きが重要です。

真剣にやっているつもりですが、皆さん楽しいらしく顔が緩んでいます。

 

カット後は、自分のディッセンダーをコントロールして安全な作業床若しくはGLまで下ろします。

が、下ろしきってはいけません。

要救助者のお尻の下に20cmの空間を設けます。

それにより、要救助者を動かすこともストレッチャーを入れる事も出来ます。

更に、血栓や挫滅症候群の危険が疑われる場合にも有効です。

この、隙間を空けるという方法は、IRATAの藤原先生から教わりました。

あとは、要救助者の状態を見ながら消防の方に引き渡します。

これは消防士さんに教わったのですが、挫滅症候群が疑われる場合、ドクターヘリを呼びドクターに輸液を投与して頂くしか助ける方法はないそうです。

電話も通じない、ドクターヘリも来られない場所だったら…その部分を失うつもりで縛る。

万が一の時はやるしかないんでしょうね。

二つ目の方法は写真のように要救助者のメインロープをカットします。

ONロープではAEDも使えませんので、できる限り早く下ろさなくてはなりません。

緊急時に要救助者を下ろす最も早い方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、エッジ際にあるディッセンダーをコントロールして、安全な作業床若しくはGLまで要救助者を下ろします。

三つ目の方法はカウンターといい、要救助者の張られたメインロープに弛みを付け、そこに自重を乗せていき要救助者を引きあげます。

皆さん、とても頑張って自分より体重のある要救助者を引き上げていました。

一日、お疲れ様でした。

最後に、NSCパワーアッセンダーがあれば、どんなところでも簡単に高速で要救助者を引き上げる事ができます。

それが、NETIS登録ノン・スキャフォールディング工法の安全性であり信頼性でもあります。

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!

NSC Advanced Rescue 講習〈法面〉

小倉です。

昨日、山へ入り、NSC Advanced Rescue 講習を行ってきました。

稜線の太い樹木に支点を確保し、110m下方にいる金剛君(75kg)をストレッチャーに乗せ、NSCパワーアッセンダーを使用して稜線まで引き上げました。

システムの途中途中には、ディビエーション(ダブルプーリー使用)を行いロープを保護し、倒木を越える際も高取りのディビエーションを用いたので楽に引き上げる事ができました。

直角に近い場所もありましたが、NSCパワーアッセンダーには2kNも掛かりませんでしたので、現行のNSCパワーアッセンダーでも十分に引き上げる事が可能です。

ただ、現行機種はスピードが速いので、2019年秋発売予定の「 NSCパワーアッセンダー Rescue」の方が、スピードは遅いですが運用荷重が大きいので法面などには適していると思います。

メインとバックアップを合わせて、250mのロープを張り込み、ストレッチャーの前後に救助者を配置しました。

皆さん、とても上手に金剛君を引き上げてくれたので、さぞ金剛君も喜んでいると思います。

DCIM100MEDIADJI_0236.JPG

講習中の動画は、近々YouTubeにアップしますので、乞うご期待!!

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!