水俣条約

資格というものについて(ロープ高所作業特別教育が始まり5年経過)

小倉です。

今回は、私が考える資格について書いてみます。

まず、皆さんはなんのために資格を取得するのでしょうか。

罰則があるから、自分の向上心、会社から言われて、仕事を受注するため、会社を興すため、給与を上げるため、など様々な理由があると思います。

私は資格を取得しますし発行もしますが、突き詰めて考えれば全てはお金儲けのためです。

ただ、自分のお金儲けだけの為ではありません。

私の考える資格業のゴールは「受講者が一生食っていける技術を身につける。」ことだと思っています。

NSC水銀灯講習は5日間で22万円ですが、たった22万円で一生使える技術を身につけることができれば、とても安いものだと思います。

話しは戻りますが、世の中には、様々な資格があります。
国が決めたもの、民間の団体が決めたもの、個人が決めたものなど。

国家資格から民間資格まで含めると、日本だけで何万種類もの資格が存在します。
更に、国によっても違いますので、この世には数え切れないくらいの資格が存在します。

その資格の中には、人の命を守るために制定されたものもあります。
しかし、人の命を守るためにつくられた資格でも、ほとんどの資格は、お金儲けのために使われています。

かくいう、弊会のNSC講習やロープ高所作業特別教育も同様です。

弊会も会社として、ボランティアで講習を行い、ボランティアで資格を発行することはできません。

基本的に、資格はお金儲けのために作られていますので、その内容も、完璧なものは存在しません。
完璧なものを作ってしまえば、資格の内容が厳しくなり、合格するのはわずかなごく一部の人間だけとなり、資格は広まらず、誰もその資格を必要とせず、お金儲けができなくなるからです。

建築士の試験を例に取りますと、構造計算ができなくても、試験に合格することができます。
あと施工アンカー資格にも構造計算が出てきますが、1時間の講義だけで、構造計算が理解できるはずもありません。
でも、みなさん、合格します。

資格は、資格発行者が自分達の都合のいいように(受講者にある程度の知識と経験があれば合格できるように)作られています。

私もかなりの数の資格を保有してはおりますが、資格というのはそんなもんです。

資格を提出させる側(お客様や元請)からしてみれば、資格証を持っていれば、その作業員が、実際に作業ができようができまいが関係ありません。
資格証があれば、元請側が自分達で個々の作業員の技量をチェックする必要がなく、非常に便利ですので。

ただ、職人として資格を取得することは必要です。
建築士試験なら、学科試験を合格するために何十時間も勉強し、製図試験を受かるために何十枚もの図面を書きます。

その勉強自体が、全て自分自身への投資となり、将来必ず自分に帰って来ます。
逆に言えば、自分に投資(勉強)を行わなければ、将来はありません。

建築関係の仕事に就かれているなら、是非、毎年資格試験にチャレンジして頂きたいと考えています。

ロープ高所作業の資格と安全に関しまして

ロープ高所作業特別教育が始まったことにより、国内での死亡者が増えました。
今後、もっと死亡者が増えれば、ロープ高所作業特別教育も変わっていくのだろうと思いますが、何人亡くなれば良いのでしょうか。

いつも講習で伝えておりますが、安全は自分で決めるものです。
いくら資機材がPPE(個人保護用具)でも、支点が破壊すればPPEなど何の意味もありません。

支点を構築するなら、構築する支点の勉強を行うことです。

ちなみに、ロープの本数も関係ありません。
ロープが100本あっても、ちゃんと結べていなければロープは全て解け墜落します。
逆に、全てがちゃんとしていれば、ロープが1本でも墜落しません。

ただ、私達は人間ですから、100%を求めることには無理があります。
それに、ロープを使っていれば、自然的な要因も絡んできます。

よって、私も仕事では必ずバックアップを使用しています。

結局、どのような資格を取ろうと、最後は自分です。
自分の安全は自分で勉強をして守る!!
これにつきます。

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!

2021年 ロープ高所作業協会のプロジェクト 1

今回は、水俣条約に関して第三弾となりますが、これから協会として行っていくプロジェクトに関して書かせて頂きます。

水銀灯からLEDへの更新工事が本格化してきました。

2020年8月、協会の理事であるケンテックシステムズは、大手電気設備工事会社様の元で自動車メーカーの工場内にある水銀灯をLEDへ交換しました。

工場内には、億単位の工作ロボットが並んでいるためビス1本の落下も許されず、その頭上で作業を行わなくてはならなかった為、非常に神経を使いました。

お陰で、普通の体育館や倉庫とは違った、とても多くのノウハウを得ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、大手LEDメーカー様から、日本中の体育館に設置してある水銀灯の交換工事を依頼されております。

当然、現在の協会の規模では工事を請け負うことも、ロープが使える電気工事士の方を紹介する事もできません。

そこで、来年2021年初頭から、協会の理事や会員を募集し、新たな資格(例として「NSC 電気工事士」)を創設し、協会員の方に対しては、ロープと電気工事の講習を行い、LED更新工事の安全性を担保していこうと考えております。

そして、理事や協会員である、メーカー様や元請工事業者様に対しては、弊会で講習を受けた資格保持者の方を紹介していくようなシステムを構築するつもりでおります。

ロープの講習に関しまして、元々弊会では NSC講習を行っていますので、NSC講習を元に、体育館や工場、倉庫用に特化したロープ技術(今まで培ったノウハウ)を伝え、電気工事に関しては、実際の倉庫でロープにぶら下がり、水源灯からLEDへの交換工事を行って頂く、LED更新工事に特化した内容にするつもりでおります。

更に、今までのノウハウである落下させない機材の使用方法や、PCB廃棄物の保管廃棄方法、ケンテックシステムズが保有する、LED更新工事を楽に行うことができる機材、「NSCパワーアッセンダー」「NSCロープフッキングデバイス」「NSCワイヤーフリクションセーバー」「NSCドローンウエイト」など数々の特許技術を会員の皆様限定で提供いたします。

これから、弊会の会員になられます電気工事士の方へ、LED更新工事に必要な電気工事士の資格についてお知らせいたします。。

前回のブログで、LED更新工事に必要な資格は、第二種電気工事士で良いと記載しましたが間違っておりました。

誠に申し訳ございません。

倉庫や体育館、工場などの自家用電気工作物の工事(LED更新工事含む)を行う為には、第一種電気工事士若しくは、認定電気工事従事者の資格が必須となります。

よって、第二種電気工事士を保有している方は、第一種電気工事士若しくは、認定電気工事従事者の資格を取得して下さい。これは必須条件となります。、

 

その他、協会の事業として、今後は消防士の方には無償で会員になって頂き、全国の高名な消防士の方を講師に招き、レスキュー講習や訓練を行っていこうと考えております。

以上、協会のプロジェクトに関してご興味のある方は、協会のお問い合わせ欄からご連絡のほど、よろしくお願い申し上げます。

(一社)ロープ高所作業協会
代表理事 小倉健二

熱中症と空調服の危険性!

ダブルチェストアッセンダー

みなさま、ご無沙汰しております。

今回は、熱中症と空調服に関して、今更ですが私の経験をお伝えしたいと思います。

現場は真夏の自動車工場内、作業内容は 水俣条約による「水銀灯からLEDへの交換工事」です。

今回、生まれて初めて熱中症対策である空調服なるものを買ってみました!

M社の2万円以上するタイプです。

購入した空調服は、フルハーネス用で半袖タイプ、空調服の背中側からモバイルフォールアレスターを取り出すことができるタイプです。

問題はフロント側のチェストアッセンダーですが、最終的なリスクを考えた際、熱中症の方が危険だと判断し、ペツル社のトルスを使用し、ダブルチェストアッセンダーで運用しました。

トルスは元々シットハーネスにチェストアッセンダーを取り付ける機材なので、登高もトラバース(水平エイドクライミング)も問題はありません。

いざ、作業開始!

ロープフッキングデバイス(特許取得中)を使い鉄骨の梁にロープを掛け、NSCPAで登高し、空調服のスイッチをON!
これで、快適な職場環境の実現ができるはずでしたが。。。。。

結果は、作業中に熱中症になりかけてしまいました。(おかしいと感じた時点で直ぐに下降しましたので、問題はありませんでしたけどね。)

熱中症になりかけた理由は、空調服の利点である、汗を乾かしてしまう機能です。
空調服を着用中、常に汗をかいていれば、気化熱の影響で体温を下げてくれます。

しかし、汗が乾いてしまえば、空調服の中へ送られてくる風の温度は、30℃以上になり、私達はフルハーネスを着用していますので、身体の場所によっては、風も送られず体温が上がって行くだけとなります。

実際に体調が悪くなったとき、空調服の中に着ていたTシャツは、完全に乾いていました。

気化熱を利用する冷却方法ですので、Tシャツが乾いていれば、その機能を発揮できません。

お陰で現場が進まず、どうすれば、私の身体に合った熱中症対策があるのか考えました。

まず、作業前に作業服自体を水で濡らすこと。
これだけで、体温がかなり下がります。

次に、水分とミネラルを、余分と思えるほどに補給すること。

Tシャツが乾いていた原因は、僕の水分補給が足りなかったことも原因です。

そして、ミネラルウォーターだけ補給しても、体内のナトリウム薄められ、水中毒となり余計に体調を崩します。

ですので、必ずミネラルも同時に補給しなくてはなりません。(今回はポカリスエットに頼りました。)

水分の取り方も工夫をして、5分タイマーを行いました。
下方の作業補助員の方に、5分ごとに声を掛けて頂き、5分ごとに水分を補給することにしました。

飲む量も、一口ではなく、できるだけ多く飲むように心がけました。

そのように工夫をした結果、今まで現場で丸1日働いていても、トイレに行くことが、ほとんどない私でしたが、今回は大量の汗をかいているにもかかわらず、午前と午後に1回ずつトイレに行くことができるようになりました。

そして、作業服も常に汗で濡れている状態となり、体温の上昇を抑えることができ、無事に全ての作業を終わらせることができました。

元々、僕ら空調屋は真夏の折板屋根の屋根裏(気温60℃以上)で、作業を行ってきましたので、暑さには強いはずだったのですが。。。

今回のことは、これからロープ工事を行っていく上で、とても貴重な経験となりました。

更に、トラバース先で事故をおこした際の救助方法も真剣に考えましたし、セルフレスキューの必要性も再認識しました。

最近、様々な熱中症対策製品が販売されていますが、くれぐれもご自分の体質に合ったものを選ぶようにして下さい。

それでは本日はこの辺で。
皆様、ご安全に!!

追伸です。

  写真は、ベンチシートのり付けに、ペツル社のオムにを使っている様子です!