小倉です。

先日、ビル内にある内階段を利用して、引き上げ訓練を行ってきました。

システムは簡単で、ビルの最上階にフレームを組み、NSCパワーアッセンダーを取り付け、階段と階段の隙間にメインロープとバックアップロープを垂らしました。

 

DCIM100MEDIADJI_0167.JPG

ビル1階から8階まで、ストレッチャーに乗せた金剛君(体重75kg、3才)を引き上げました。

今回のビルは、階段と階段の隙間が狭く、隙間に手すりの支持金具がありロープが当たるため、ロープの介助に1名が必要で2名体制となりました。

しかし、隙間がもう少し広く、支持金具にロープが当たらなければ、ストレッチャーに乗せた75kgのものを、補助員1名で簡単に短時間で最上階まで上げる事ができます。

NSCPAやシステム自体には、1名の重量+引き込み分の荷重しか掛かりませんので問題はありません。

災害時にビルのEVが停止した際、屋上のヘリポートまで要救助者を引き上げるのには有効だと思います。

デベロッパーの方々へ提案なのですが、災害時のEVバックアップとして、ビル内階段の最上階にパワーアッセンダーを取り付ける支点を付けて頂けないでしょうかね~。

そうすれば、50階でも80階でも簡単に要救助者を引き上げる事ができるんですが。

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!