フルハーネス特別教育

資格というものについて(ロープ高所作業特別教育が始まり5年経過)

小倉です。

今回は、私が考える資格について書いてみます。

まず、皆さんはなんのために資格を取得するのでしょうか。

罰則があるから、自分の向上心、会社から言われて、仕事を受注するため、会社を興すため、給与を上げるため、など様々な理由があると思います。

私は資格を取得しますし発行もしますが、突き詰めて考えれば全てはお金儲けのためです。

ただ、自分のお金儲けだけの為ではありません。

私の考える資格業のゴールは「受講者が一生食っていける技術を身につける。」ことだと思っています。

NSC水銀灯講習は5日間で22万円ですが、たった22万円で一生使える技術を身につけることができれば、とても安いものだと思います。

話しは戻りますが、世の中には、様々な資格があります。
国が決めたもの、民間の団体が決めたもの、個人が決めたものなど。

国家資格から民間資格まで含めると、日本だけで何万種類もの資格が存在します。
更に、国によっても違いますので、この世には数え切れないくらいの資格が存在します。

その資格の中には、人の命を守るために制定されたものもあります。
しかし、人の命を守るためにつくられた資格でも、ほとんどの資格は、お金儲けのために使われています。

かくいう、弊会のNSC講習やロープ高所作業特別教育も同様です。

弊会も会社として、ボランティアで講習を行い、ボランティアで資格を発行することはできません。

基本的に、資格はお金儲けのために作られていますので、その内容も、完璧なものは存在しません。
完璧なものを作ってしまえば、資格の内容が厳しくなり、合格するのはわずかなごく一部の人間だけとなり、資格は広まらず、誰もその資格を必要とせず、お金儲けができなくなるからです。

建築士の試験を例に取りますと、構造計算ができなくても、試験に合格することができます。
あと施工アンカー資格にも構造計算が出てきますが、1時間の講義だけで、構造計算が理解できるはずもありません。
でも、みなさん、合格します。

資格は、資格発行者が自分達の都合のいいように(受講者にある程度の知識と経験があれば合格できるように)作られています。

私もかなりの数の資格を保有してはおりますが、資格というのはそんなもんです。

資格を提出させる側(お客様や元請)からしてみれば、資格証を持っていれば、その作業員が、実際に作業ができようができまいが関係ありません。
資格証があれば、元請側が自分達で個々の作業員の技量をチェックする必要がなく、非常に便利ですので。

ただ、職人として資格を取得することは必要です。
建築士試験なら、学科試験を合格するために何十時間も勉強し、製図試験を受かるために何十枚もの図面を書きます。

その勉強自体が、全て自分自身への投資となり、将来必ず自分に帰って来ます。
逆に言えば、自分に投資(勉強)を行わなければ、将来はありません。

建築関係の仕事に就かれているなら、是非、毎年資格試験にチャレンジして頂きたいと考えています。

ロープ高所作業の資格と安全に関しまして

ロープ高所作業特別教育が始まったことにより、国内での死亡者が増えました。
今後、もっと死亡者が増えれば、ロープ高所作業特別教育も変わっていくのだろうと思いますが、何人亡くなれば良いのでしょうか。

いつも講習で伝えておりますが、安全は自分で決めるものです。
いくら資機材がPPE(個人保護用具)でも、支点が破壊すればPPEなど何の意味もありません。

支点を構築するなら、構築する支点の勉強を行うことです。

ちなみに、ロープの本数も関係ありません。
ロープが100本あっても、ちゃんと結べていなければロープは全て解け墜落します。
逆に、全てがちゃんとしていれば、ロープが1本でも墜落しません。

ただ、私達は人間ですから、100%を求めることには無理があります。
それに、ロープを使っていれば、自然的な要因も絡んできます。

よって、私も仕事では必ずバックアップを使用しています。

結局、どのような資格を取ろうと、最後は自分です。
自分の安全は自分で勉強をして守る!!
これにつきます。

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!

ロープカット レスキュー訓練(20名参加)

小倉です。

先日、協力業者の職人さん達20人に集まって頂き、ロープカットレスキュー訓練を行いました。

切ったロープの合計は100m、全てゴミとなりました…

今回行ったレスキュー方法は三つ。

一つは、要救助者を自分のシステムに移し、要救助者のロープをカットする方法。

この方法では、要救助者と救助者が一緒に下降します。

二つ目は、要救助者のメインロープに別に組んだシステムのロープを接続し、要救助者のロープをカットする方法。

この方法は、要救助者のみを下降させます。

三つ目は、人力で要救助車を引き上げる方法。

この方法は、救助者の自重を利用して要救助者を引き上げます。(カウンター)

それと、大切なのは、必ず仕事で使うナイフとは別の、ロープをカットするためだけのナイフを携行することです。

 

一つ目の方法は写真のように要救助者のメインロープをカットします。

要救助者まで下りたら、状態を確認しカラビナチェーンを使って2点確保、この時、ディッセンダーのカラビナの向きが重要です。

真剣にやっているつもりですが、皆さん楽しいらしく顔が緩んでいます。

 

カット後は、自分のディッセンダーをコントロールして安全な作業床若しくはGLまで下ろします。

が、下ろしきってはいけません。

要救助者のお尻の下に20cmの空間を設けます。

それにより、要救助者を動かすこともストレッチャーを入れる事も出来ます。

更に、血栓や挫滅症候群の危険が疑われる場合にも有効です。

この、隙間を空けるという方法は、IRATAの藤原先生から教わりました。

あとは、要救助者の状態を見ながら消防の方に引き渡します。

これは消防士さんに教わったのですが、挫滅症候群が疑われる場合、ドクターヘリを呼びドクターに輸液を投与して頂くしか助ける方法はないそうです。

電話も通じない、ドクターヘリも来られない場所だったら…その部分を失うつもりで縛る。

万が一の時はやるしかないんでしょうね。

二つ目の方法は写真のように要救助者のメインロープをカットします。

ONロープではAEDも使えませんので、できる限り早く下ろさなくてはなりません。

緊急時に要救助者を下ろす最も早い方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後は、エッジ際にあるディッセンダーをコントロールして、安全な作業床若しくはGLまで要救助者を下ろします。

三つ目の方法はカウンターといい、要救助者の張られたメインロープに弛みを付け、そこに自重を乗せていき要救助者を引きあげます。

皆さん、とても頑張って自分より体重のある要救助者を引き上げていました。

一日、お疲れ様でした。

最後に、NSCパワーアッセンダーがあれば、どんなところでも簡単に高速で要救助者を引き上げる事ができます。

それが、NETIS登録ノン・スキャフォールディング工法の安全性であり信頼性でもあります。

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!

安全で便利なロープ高所作業用品の紹介です!(ランヤード)

小倉です。

今日は安全で便利な機材の紹介をしたいと思います。

機材の名前は、ペツル社の「プログレスアジャスト」です。

この機材を一言で説明すると、長さの調整ができるランヤードです。

これが発売される前は、ダイナミックロープとスペルジカ(ペツル社製)で確保をしていましたが、プログレスアジャストができたことで、高所作業が安全で楽になりました。

例をあげると、プログレスアジャストは長さが調整できるので、ビレイ時の落下係数を抑えることができます。

そして、平面でストレッチャーを運ぶ場合や、セルフレスキュー時のカウンターを当てる際も、自分の体にランヤードの長さを合わせることができるので楽になりました。

更に、アンカーを壁面に打ち込みながらトラバースを行って行く際も、プログレスアジャストの末端を引けば引いた方に寄っていくのでトラバースが簡単になり、プログレスアジャスト4本をストレッチャーに取り付ければ、ストレッチャーの角度調整が容易にできるようになりました。

特に、ONロープ状態の要救助者の荷重を抜きたい場合、自分の体重を使いカウンターを掛けるのですが、昔はスペルジカとカラビナでカウンターを掛けていたので、要救助者が自分より重いととてつもなく大変でした。

でも、プログレスアジャストの登場で、簡単にカウンターが掛けられるようになりました。

 

基本的なことですが、2点確保を行うために、最低3本のランヤードが必要です。

弊会では、プログレスアジャスト2セット(ランヤード4本)をメインアタッチメントに取り付け、そのうちの長さの調整ができない1本を「直」にハンドル付きアッセンダーに取り付けることを推奨しています。

最後に、ランヤードのカラビナには必ずキャプティブを取り付けること、そのカラビナはサイドのアタッチメントではなく、必ずギアループに掛けること、以上2点は業界のルールですので必ず守ってください。

写真には、ジャグとジャグトラクション(4:1 のメカニカルアドバンテージシステムを構成するためのダブルプーリー)が写っていますが、この便利な機材に関してはまた後日!!

それでは本日はこの辺で。

皆様、ご安全に!!